・横浜あおぞら霊園管理事務所からのブログ記事 あおぞら霊園のご紹介

2018年3月15日 木曜日

こんにちは。埼玉県上尾市に本社を置き、埼玉県だけでなく首都圏にて霊園と墓地をご紹介・ご案内し、墓石の製造加工と墓所への据付施工工事をしております石材店の株式会社大塚のブログ「霊園とお墓のはなし」です。

今日の記事は、あおぞら霊園管理事務所からになります。以下本文↓

 

横浜市保土ヶ谷区の小高い丘の上に、今年1月にオープンいたしました「あおぞら霊園」から近況報告を申し上げます。

 

相鉄線の上星川駅から歩いて15分、お車ですと環状二号線「高山橋」からすぐ、また、相鉄・JR直通線「羽沢横浜国大前」駅が平成31年度中に開通予定となっておりますので、横浜市内からも都心からもアクセスしやすくなっております。

オープンして3か月目に入りましたが、おかげさまで順調にご契約いただいており、先月、1基目の石塔が建ち、ようやく霊園らしくなってまいりました。

先月から、緑ゆとり墓地の芝とタマリュウの植栽工事を始め、今月初旬に1期目販売区画分の植栽が完成いたしました。どちらも徐々に定着し始めており、タマリュウには種子である“青い実”がたくさん見られるようになりました。

 

このほかにも、霊園内にはたくさんの植栽樹木があります。

正門の左右、園内を取り囲むように、サツキツツジとドウダンツツジ、そのあいだには日に日につぼみを大きくして、ついに一輪、濃いピンクのつぼみが開き始めたシャクナゲ、小さな白い花をつけ始めたユキヤナギ、そのほかアジサイやアガパンサスなど、初夏から盛夏に掛けて彩を加えてくれるのが楽しみな花々、その奥にはシラカシが生け垣の様に植栽されており、公園墓地の風合いを醸し出しております。

駐車場から墓域に入るところにはモッコウバラのアーチが施され、先月から芽吹き始めました。その正面、一番奥には藤棚が設けられ、遠くに見える街の景色に、藤の紫がやさしく揺れる日が待ち遠しいです。

 

管理事務所の脇にはかわいらしい白い梅の花が春の訪れを感じさせてくれています。

いまはまだ石塔もわずかで、フラットな墓域が広がっておりますが、ゆくゆくはプランターが配置され、緑の濃淡が訪れる方に安らぎを提供して下さる空間になると思います。

また、相鉄線の最寄り駅(上星川駅、和田町駅、西谷駅)からタクシーをご利用になられたお客様には、その領収証をお持ちいただければタクシー代をお支払いいたしますので、是非お気軽に、一度あおぞら霊園へお越しください。スタッフ一同、みなさまのお越しをお待ち申し上げております。

また、サイト内のあおぞら霊園墓地情報ページもご参照ください。

※あおぞら霊園の詳細な情報はこちら

※神奈川県の墓所・霊園を探す