・石材店スタッフのブログ 庵治石の産地香川県に日帰り旅行に行ってきました

2018年6月18日 月曜日

こんにちは。埼玉県上尾市に本社を置き、埼玉、東京、神奈川、千葉、群馬、静岡にて霊園と墓地をご紹介・ご案内し、墓石の製造加工と墓所への据付施工工事という「お墓づくりのお手伝い」をしております石材店の株式会社大塚のブログ「霊園とお墓のはなし」です。

大塚本社営業のASさんからの記事です。以下本文↓

 

弾丸旅行パート2 香川県

(パート1はちら ・石材店スタッフのブログ 広島と呉に行ってきました~平和記念公園・原爆ドーム・アレイからすこじま・てつのくじら館・大和ミュージアム )

四国地方が梅雨入りした直後に、庵治石の産地香川県に日帰り旅行に行ってきました。

庵治石とは、国産石材の最高峰と称され、墓石としても最高級とされる気品と風格を備える白御影石です。弊社展示場にも置いてありますので、ぜひ一度ご覧になってください。

高松空港よりレンタカーで、高松市の「石の民俗資料館」へ向かいました。

ここで庵治石についての知識を仕入れます。

庵治石の産地である牟礼町に入ると、道中石材店が軒を連ねていました。

「石の民俗資料館」は四国札所85番八栗寺のある五剣山(八栗山)の麓にあります。標高もあり眺望もよい・・・・はずでしたが、生憎の雨模様。少し残念。

資料館の様子は画像でご覧ください。資料館前の広場には全国の銘石や石のオブジェもあり、天気が良ければ眺望も含めて気持ちいいところ・・・・のはずです。

「石の民俗資料館」を後にし、金比羅宮に向かいます。

785段の石段の往復は、日頃の運動不足の体にはキツく感じましたが、無事に参拝できました。

江戸時代は武士や庶民の区別なく、人々の自由な移動は制限されていました。

しかし、神社仏閣への信仰が目的であれば出向くことができました。

今回行った金比羅宮も昔から日本中の人々が集まる人気スポットで、今でも修学旅行などの団体や個人旅行の人々が多数訪れます。

金比羅宮を参拝し、帰路につきました。

 

さて、香川県といえばうどんが有名ですね。

当然いただきました。3食。

どのお店のうどんも美味しくいただきました。

和三盆糖を使った嫁入りおいりソフトクリームも美味しくいただきました。

・・・さて弊社は石材店です。

今回は国産石材の最高峰、庵治石の産地に行ってきたわけですが、首都圏にてお墓をお探しの方や、お墓のことで疑問やご質問、お困りのことなどありましたら、全優石加盟の弊社大塚にお気軽にご相談ください。お墓相談員(全優石)やお墓ディレクター有資格者(石産協)など専門の知識のある者が丁寧にご対応させていただきます。

お問い合わせ、お越しの際はこちら → お墓無料相談窓口

お問い合わせ番号 0120-36-1217(代表)

※埼玉県の霊園一覧ページはこちらをご覧ください。
※東京都の霊園一覧ページはこちらをご覧ください。
※神奈川県の霊園一覧ページはこちらをご覧ください。
※千葉県の霊園一覧ページはこちらをご覧ください。
※静岡県の霊園一覧ページはこちらをご覧ください。