霊園墓地の大塚トップ >  お墓の知識 | お墓の種類:五輪塔

塔は本来、お釈迦様のお墓という意味があり仏舎利あるいはその代わりとして経文を納めていました。
やがて塔自体がお釈迦様と遠い祖先を供養する象徴物になりました。
方形の地輪、球形の水輪、三角形の火輪、半球形の風輪、宝珠系の空輪から成り立っております。
(宗派によっては五輪塔の建立をしない宗派もあります。)

五輪塔
空 風 火 水 地
萬物には、万象を構成する五大要素があり、空、風、火、水、地の五つから成り立っています。
五輪塔は「四方正面」といって前後左右がなく、四方いずれの方向から拝しても同じ形をしており、方位の吉凶を越えたものとされています。
五輪塔
五輪塔
丸玉五輪塔
真言宗型/天台宗型/浄土宗型/日蓮宗型
<<五輪塔の形について>>
丸玉型は密教(真言宗・天台宗)と浄土宗・日蓮宗。
玉をつぶした形は禅宗(曹洞宗・臨済宗)の二つのタイプに分かれます。
基本形の五輪塔には、珠・笠・丸玉・竿石・上台・中台からなりたっていますが、竿石の下に上・下蓮華付あるいは返り花付があります。
中台石に吊り鐘を模して彫ったり、花瓶の長さが中台石の高さまであったり多様化しています。
五輪塔

 

地震に強い特許のお墓

特集:正しいお墓のクリーニング

日本石材産業協会/全優石(認定 全国有料石材店)/全優石(埼玉支部)

  • お墓相談員
  • お墓ディレクター
    (1,2級)認定