霊園墓地の大塚トップ >  立松和平の墓紀行 第1回 長野県高山村 坪井のしだれ桜

立松和平の墓紀行 第1回 長野県高山村 坪井のしだれ桜

しだれ桜 立松和平の墓紀行は「しだれ桜の里」として知られる信州・高山村です。

特に幹周囲8メートルの「坪井のしだれ桜」は日本彼岸桜番付で西の小結に選ばれております。その下にあるお墓に「こんな墓の下で眠りたい」と深い感銘を受けて第1回目に取り上げられました。

日本の原風景が広がる自然と秘湯温泉、そして俳人・一茶ゆかりの地をお楽しみください。

交通アクセス

地図 <一茶ゆかりの里  高山村>
電車:長野駅より長野電鉄須坂駅下車→須坂駅より路線バス(山田温泉方面)で約15分
:上信越自動車道・須坂長野東IC

<一茶のふるさと  柏原>
電車:JR長野駅より信越線経由黒姫駅下車徒歩5分
:上信越自動車道信濃町ICよりR18経由3分

桜の下の墓

  こんな墓の下で眠りたいなと思ったことがある。
  長野県高山村は山の中で、桜が咲くのも遅い。そのため花を惜しむ人が集まってくるので、村は大賑わいである。村の中のあっちこっちにある桜をめざして、人は寄っては散っていく。桜の巡礼をするのだ。桜のまわりにはたいてい神仏が祀られている。人間を超越して美しく気高い存在として、桜も神仏に寄り添っているのだ。
  高山村は俳人小林一茶ゆかりの地だ。一茶は幼くして母と死別し、江戸で苦しい奉公をし、故郷信州水内( みのち郡)柏原の肉親たちとの不和に苦しんだ。晩年になって得た四人の子とすべて死別し、妻とも死別して苦しい生涯を送った。その一茶は門人の久保田春耕を頼ってしばしば高山村を訪れた。高山村で桜を見る心からの慰藉を覚えたに違いない。一茶はここで桜の句を残している。気分のよい時につくったのが一つは明るくて、心が滅入っている時につくったのか一つはどうにも暗い。

目覚しの庭ざくらにてありしよな
苦の娑婆やさくらが咲ばさいた迚

  坪井地区のしだれ桜は、墓地に立っている。樹下の墓碑には寛永の文字が見え、樹齢は五百年と推定されるが、旧家の過去帳による傍証では六〇〇年に遡ると郷土史家はいう。杉木立を背景にし、遠くから見ればそれほど大きいとは感じられないのだが、そばに寄ると神仙の気配が漂っていて圧倒される。
  この桜はたくさんの土葬の死体を抱いて花を咲かせているのだ。親木は朽ちて大地となり、そこから枝が出て、またそこからも若い枝が幾つも伸びている。死んでるものも生きているものも、過去のものも現在のものも未来のものも、一つ の命としてここに咲いている。

一茶とふるさと

高山村は、俳人・一茶が頻繁に訪れたところです。門人の久保田春耕から「離れ家」を提供され、ここを拠点として近隣の門人たちを指導していたようです。
一茶館には、一茶の墨蹟、直筆の俳句、一茶の師や門人たちの作品も多数展示されており、俳句を志す方々には必見のところです。また、一茶の生涯を追ったビデオも用意されています。

一茶生誕の地・黒姫( 信州柏原)にも「一茶記念館」があります。小高い公園の中には、俳諧寺や一茶の墓もあります。
農家に生まれ、江戸(東京)への奉公、苦難の生活、そして俳句との出会い、故郷での活躍、結婚、妻と死別、子ども達との死に別れなど、その都度に生まれた俳句のすべてに接するには、両方の記念館に行きたいものです。

周辺の見所

高山村のしだれ桜
  高山村は標高差が大きいので花見の期間が長いようです。見ごろは4月下旬で坪井のほかに水中、黒部、赤和観音、中塩などで樹齢数百年の「しだれ桜」を見ることができます。

北斎の天井絵  岩松院
  隣接する小布施には、北斎が晩年に長く逗留した町で北斎館があります。肉筆画、版本を中心とした、北斎の画業を見ることができます。また、北斎が没前年( 1 8 4 8 年)の8 9 歳に描いた集大成ともいえる岩松院の本堂大広間の天井を飾る「八方睨み鳳凰図」は有名です。富士山が「かくし絵」として描かれていますので、それを探してみるのも一興でしょう。

福島正則  荼毘に付された地
  戦国武将福島正則公は豊臣秀吉の重臣として、広島城(49万 8千石)の大名になりましたが、江戸幕府の謀略により元和5年この信越地方(4万5千石)に国替えさせられました。悲運をなげきつつ寛永元年(1624年)7月13日64才で亡くなりました。高井野(現高山村堀之内)のこの地で荼毘(火葬)に付されました。

立松和平のプロフィール

地震に強い特許のお墓

特集:正しいお墓のクリーニング

日本石材産業協会/全優石(認定 全国有料石材店)/全優石(埼玉支部)

  • お墓相談員
  • お墓ディレクター
    (1,2級)認定