霊園墓地の大塚トップ >  立松和平の墓紀行 第4回 孤島の墓

立松和平の墓紀行 第4回 孤島の墓

  この島には和牛の原種の見島牛がいる。日本で最も古い和牛として、今日まで混血することなく飼育されてきた牛、と立松和平氏がいう「見島」は、山口県萩市の沖合にあります。
  お墓は、冬の大陸からの烈風で石で囲まなければならないほど、といいます。そのお墓の姿、形に立松和平氏は多くのことを感じておられているようです。
  立松和平の墓紀行・第4 回は、「孤島の墓」です。今では、釣りやダイビング、バードウォッチングなど多くの観光客が訪れる「見島」ですが、氏は、「島」の生活や文化、歴史を訪ね歩く旅を提唱しておられるように思われます。

孤島の墓

   見島は山口県萩市の沖合い四十四・三キロの海上にあり、船で約七十分かかる。萩諸島で最も大きな島で、面積七・七三平方キロ、周囲十七・五キロ、人口一千二五六人、最高所一七五メートルである。
  変哲もない離れ島のようなのだが、この島には和牛の原種の見島牛がいる。やや小ぶりの牛だが、連綿と血を繋いできたのである。本村湾に面した道路に、見島牛の銅像があり、「見島ウシ産地 国指定天然記念物(昭和三年九月二十日指定)」として、説明の看板が立ててあった。見島牛のことについて書いてあることを要約する。
  室町時代頃に朝鮮半島から渡来した。はじめは役牛として農耕や運搬に使われていただろうが、日本で最も古い和牛として、今日まで混血することなく飼育されてきた。農耕は機械に頼るようになり今ではもっぱら肉牛である。
  毛は黒褐色、四肢は短く、小柄で、身体は締まり、バランスもよい。他の和牛にくらべて晩熟で、満三歳でようやく繁殖年齢に達し二十歳ぐらいでも分娩するものもいる。肉質はよく、性質はきわめて温順、力が強く、抗病性も高く、粗食に耐える。戦前は四百から五百頭を飼育、毎年約二百頭が出荷されたが、昭和五十年には三十頭まで減ってしまった。現在は、八軒の農家が九十頭の見島牛を育てている。ここまで少なくなると、交配が難しくなってくるのが現実だ。
  島を歩いていると、周囲を石で積まれた墓が目についた。墓はおおむね立派であったが冬の大陸よりの烈風が想像でき、墓は石で囲まなければならないということだ。

  墓に、私は強く心ひかれるものがあった。ここは流人の島でもあり、また狭い耕作地にしがみついて生きてきた人々の表情が、これらの墓に染みついているとも思われた。墓を大切にしてきた島人の様子も感じられた。
  見島を車で走っていると、見晴らしのよい高台に放牧場があった。バラ線で囲まれている放牧場には、それぞれに種牛が一頭ずつと種付けしたい雌牛が数頭ずついれてある。島全体でも種牛は四頭しかいない。人工授精ではなく昔ながらの自然な繁殖法にこだわっているのは、雌牛にかかる負担がより少なく、健康的な受精ができると考えられているからである。
  近親交配が進むと、牛の身は小さくなり、病気がちになる。繁殖力も弱くなる。見島の八軒しかいなくなった飼育農家では、三系統の父系を守り、遺伝子が健康につながるようにと綿密な計画のもとに計画を立てているのだ。それでも近親交配が進んでいき、見島牛の身体はますます小さくなり、病気になりやすくなった。
  それなら別の血をいれ、混血が進んでも身体が大きくて丈夫な飼いやすい牛を飼えばよいと考えるのが合理的である。しかし、島の人たちは、長い間先祖たちとこの島を耕して生きてきた見島牛にこだわるのである。
  牛飼いの島人が私に話してくれた。
「見島にいれば見島牛は天然記念物ということになりますが、外に出せばそうではなくなります」
  つまり、肉牛となるのである。農耕に役割がなくなってしまったので、それは仕方のないことなのである。 肉牛は生涯のうち最も長く生活した土地が産地とされている。神戸牛、松 坂牛、近江牛の素牛はたいてい但馬牛で、生後十ヶ月で約百八十キロになる。見島牛は十ヶ月育てて、せいぜい約百五十キロにしかならない。晩成型の見島牛の成育は悪く、とにかく体重で取引される畜産としては不利だ。それでも祖先とともに生きてきた見島牛を島の人たちが産地として守ろうとするのは、昔からの暮しを守ろうとする気持ちとつながる。自らの歴史を喪失したくないということである。

周辺の見所

観音崎(宇津観音堂:市指定文化財)
  全国で三カ所といわれる正観音が祭られ、昔からご利益 が多いといわれています。
そのため、島民をはじめ北浦一帯、 遠くは四国、九州からも参拝客があります。
堂の崎には仏石 の積まれた賽の河原もあり、独特の雰囲気があります。

ジーコンボ古墳群(国指定史跡)
  横浦海岸一帯にある積石塚古墳群で、その数は約200基もあ ります。
7世紀後半~10世紀初めに作られた古墳で、高度な文 化をもった指揮官クラスの墓ではないかと考えられています。

立松和平のプロフィール

地震に強い特許のお墓

特集:正しいお墓のクリーニング

日本石材産業協会/全優石(認定 全国有料石材店)/全優石(埼玉支部)

  • お墓相談員
  • お墓ディレクター
    (1,2級)認定