霊園墓地の大塚トップ >  耐震施工

耐震施工

特許耐震工法「たくみ・21」

地震に強い特許のお墓
もしもの場合に備えて、墓石の転倒や外柵の崩れがないよう、耐震性を考えてお墓を建てることも重要です。
「たくみ・21」の外柵耐震システムと石塔の耐震構造は、つくば市内にあるハザマ技術研究所の振動実験で、震度7の大地震にも耐え得ることが実証されています。
耐震性・耐久性を兼ね備えた安心のお墓です。
特許耐震工法「たくみ・21」

「たくみ・21」の耐震性・耐久性が優れている5つのポイント

外柵の内部が空間

【特許】外柵の内部が空間のため凍結による破損がありません。

納骨堂と外柵が固定一体化

【特許】納骨堂と外柵が固定一体化なので、耐震性も抜群です。

外柵の天端が石張り

【特許】外柵の天端が石張りのため雑草も生えず、化粧砂利を敷く必要もありません。

防水枠と逃水溝の開発

<実用新案>防水枠と逃水溝の開発により、納骨堂には一滴の水も入りません。

換気口の取付

<実用新案>換気口の取付により、納骨堂内部の結露の発生を抑えられます。

「たくみ・21」の紹介動画


(参照元:萩原石材株式会社

株式会社大塚からのお知らせ

お墓のあらゆる疑問にお答えする「お墓110番」を、インターネットによる資料請求をご希望の方、先着30名様にプレゼントいたします。

お問い合わせ

お問い合わせは本社0120-36-1217まで。年中無休(午前9時~午後5時まで)

地震に強い特許のお墓

特集:正しいお墓のクリーニング

日本石材産業協会/全優石(認定 全国有料石材店)/全優石(埼玉支部)

  • お墓相談員
  • お墓ディレクター
    (1,2級)認定