霊園墓地の大塚トップ >  日本墓紀行「想」 小津安二郎

日本墓紀行「想」 小津安二郎

日本墓紀行「想」

第3回 小津安二郎


小津安二郎の墓
戒 名
曇華院達道常安居士
没年齢
60歳
所在地
鎌倉市山ノ内409
最寄駅
北鎌倉「円覚寺」徒歩約1分。
【鎌倉周辺 著名人の墓】
◎今日出海 カトリック墓苑 ◎五味康祐 建長寺回春院
◎黒沢明 安養院 ◎開高健 円覚寺松嶺院
◎佐田啓二 円覚寺松嶺院 ◎田中絹代 円覚寺松嶺院

 映画監督、小津安二郎が生まれて100年が経ちます。小津が生まれる10年前、映画は誕生しました。伊勢で過ごした中学生の頃は頻繁に映画を観ていたそうです。それも洋画ばかり、邦画には全くといっていいほど興味がなかったそうです。「日本的」といわれるその後の作品からは想像もつきません。ただ、小津の作品に流れるダンディズムはどこかハードボイルドなタッチを感じさせ、むしろ「茶の間」の空間から離れた世界をつくっているようでもあります。

 今回はこの小津安二郎が眠る北鎌倉の円覚寺(鎌倉幕府八代執権・北条時宗が1282年に創建した臨済宗・円覚寺派総本山)を訪ねてみました。
 北鎌倉、今ではすっかり通勤地です。いや、それ以前に小津の作品「晩春」の中では笠智衆演じる東大教授はここから通ってました。円覚寺の茶会のシーンではじまる「晩春」、それに合わせたかのように私たちも緑の映える5月、北鎌倉の駅に立っていました。

週末の北鎌倉は老若男女を問わず多くの人が訪れています。大半は北鎌倉から鎌倉へと寺を訪ねながらの散策を楽しむ人たちです。
 早速、階段を挟むような木立を抜けると巨大な工芸品のような山門が現れます。喧噪の東京からわずか1時間ほどで目の前に広がる静寂の空間があるのは驚きです。多くの人が仏殿へと向かう途中、右に曲がり、木立に囲まれた小道の先に長い階段があります。その上に小津安二郎は眠っています。お墓は程良い大きさで小津の映画に出てくる家のようです。墓には「無」と刻まれており、静かな力を感じさせます。同墓地内には木下恵介監督の墓もあります。また、近くの成福寺には小津作品にはなくてはならない存在の笠智衆が眠っています。

 小津作品には死が度々出てきます。法事だったり、葬式だったり、過去の記憶だったり。どれもドラマチックには描かれていません。自然に日常の中の「ひとつ」として現れています。

 知らずのうちに日常は繰り返しながらもドラマをつくり捨ててるのかもしれません。そんな思いを墓に刻まれた「無」から感じたその日でした。


ちょっと、ぶらぶらコース
円覚寺~東慶寺~浄智寺~明月院~建長寺~円応寺~鶴岡八幡

特集:正しいお墓のクリーニング

日本石材産業協会/全優石(認定 全国有料石材店)/全優石(埼玉支部)

  • お墓相談員
  • お墓ディレクター
    (1,2級)認定