霊園墓地の大塚トップ >  神奈川県の寺院墓地一覧 >  白雲庵(はくうんあん)墓苑

白雲庵(はくうんあん)墓苑

国指定重要文化財のある歴史ある名刹

臨済宗大本山円覚寺の塔頭のひとつである。円覚寺第十世で暦応3年(1340)10月4日に示寂(じじゃく)した東明恵日(とうみんえにち)禅師の塔所。禅師は曹洞宗を修めた中国元の高僧で、1309年、時に執権北条貞時の招きで来日し、1310年円覚寺10世となり、暦応3年当寺にて遷化するまで、建長寺(18世)、寿福寺などの住職を務めた。また、白雲庵学林を形成し、関東五山文学の中心拠点となった。
室町時代末期に臨済宗に転宗。
本尊は宝冠釋迦如来像で、重要文化財に指定されており、開山は東明慧日禅師坐像で国の重要文化財に指定されております。
所在地 神奈川県鎌倉市山ノ内462
宗旨・宗派 臨済宗円覚寺派
総面積 5,280m²
総区画数 700区画
施設 本堂、客殿、庫裏
事業主体 宗教法人 白雲庵

おかげさまで当社での販売は終了となりました

株式会社大塚からのお知らせ

お墓のあらゆる疑問にお答えする「お墓110番」を、インターネットによる資料請求をご希望の方、先着30名様にプレゼントいたします。

お問い合わせ

お問い合わせは本社0120-36-1217まで。年中無休(午前9時~午後5時まで)

特集:正しいお墓のクリーニング

日本石材産業協会/全優石(認定 全国有料石材店)/全優石(埼玉支部)

  • お墓相談員
  • お墓ディレクター
    (1,2級)認定