・気仙沼にきました!

11月26日 火曜日 晴れ

気仙沼に来ました!

気仙沼プラザホテルに今日は宿泊します。

ここに来るまでの道中、被災地の中を通ってきたのですが、関東から来た我々には更地となった現状でさえ、とても強く印象づけられました。

気仙沼プラザホテル DSC_0029気仙沼プラザホテル DSC_0031気仙沼プラザホテル DSC_0033

夜景もとてもきれいです。

気仙沼プラザホテル DSC_0034

宴会がはじまりましたので、これから気仙沼の幸をおいしくいただきます!

そして翌朝。明るくなったので窓から見える景色ががらりと変わりました。やっぱり明るい方がきれいな街ですね。

DSC_0293 DSC_0296 DSC_0297

しかし、更地となっている土地が目立ちます。津波に襲われる前はもっと美しい街だったことでしょう。そしてこれから、より美しい街へと変貌していくことと思います。

湾の入り口方向も見てみます。

DSC_0301DSC_0216

大きな魚市場があります。活気を感じさせてくれます。

このホテルの屋上は展望台ということで、とても景色をよく見ることができます。そしてこの展望台には・・・こんなものも設置されていました。

気仙沼 仙台NHK DSC_0247

 

↑NHK仙台放送局のリモコンカメラが!そしてこのTBSのカメラも↓

気仙沼 TBSのカメラ DSC_0266

時間が少しありますのでお散歩をしてみることにしました。

ホテルを出てすぐにたどり着いたのがここです↓


復興屋台村気仙沼横丁です。


お店屋さんがずらりと軒を連ねています。


とっても賑やかな横丁で、思わずいろいろとお土産物を買ってしまいました。↓有名な方々もたくさん訪れているようで、写真やサインがたくさん貼り出されていました。


時間が早かったので、飲食店は準備中のところばかりだったのですが、準備をされているお店の方から、あるポールの柱について説明をいただきました。


写真中央の柱が、まさに津波の高さだそうです。なんと8メートル!建物で言えば、二階までは完全に水没しし、三階も被害を受ける高さです。人間の非力をを実感してしまいました。こうして高さの同じポールを立て、実際に目で見ることで忘れない記録と記憶になるのでしょう。

気仙沼 大島 カーフェリー DSC_0448

復興屋台村のすぐ近くが、港の一番奥にあたるのですが、そこがフェリー乗り場になっています。立派な建物があったようですが、被害を受けたため全くなくなっていました。

ただ、大島と行き来しているフォリーがひっきりなしに往復していましたので、人間の活力と街のエネルギーを目の当たりにできたように思います。

わたくしブログ担当Tは個人的に船が好きなので、たくさんの漁船の写真を撮ってきました。それはまた別の記事にまとめたいと思います。