・石材店スタッフのブログ 先日『天空の城ラピュタ』を見ました

2021年8月13日(金)

こんにちは。石材店の株式会社大塚のブログ「霊園とお墓のはなし」です。弊社は墓石の製造加工と墓所への据付施工工事という「お墓作りのお手伝い」をしている石材店です。埼玉県上尾市に本社を置き、埼玉県だけでなく東京、神奈川、千葉、群馬、静岡にて霊園と墓地をご紹介・ご案内しております。

さて本日は埼玉本社の営業MYさんからの記事になります。
以下本文↓
 

こんにちは。毎日暑い日が続いていすね。

先日宮崎駿監督の『天空の城ラピュタ』を見ました。宮崎駿監督の作品は何回見ても考えさせられるといいますか、人間にとっての深い深いテーマが描かれているのではないか、読み取りたい!と夢中になってしまいます。

『天空の城ラピュタ』には、飛行石という不思議な石が登場します。

宮崎駿監督が表現しているように、石は様々な成分からできていて、中には大きな力を秘めたものがあるのも確かです。それを人間がエネルギーとして生かしたり不思議な力をもった存在として活用しています。

人間の意志が解き放つ潜在性こそが石の本質なのかもしれません。

  

確かにどの石を見ても何かその中に不思議な力が宿っているように思えます。しめ縄で囲われた奇岩やお墓の石も。その中に宿る力を想像すると色んなことが頭をかけめぐります。

 

どうしてそこにあるのか、どうしてこの形になったのか。今まで何を見て何を経験してきたのか。それが変わった形や色をしていると余計に想像が止まらなくなります。

石をアクセサリーにしたりお守りにするのもそれだけ神秘的で大きな力を秘めているからなのだと思います。

    

私はお墓のご案内をするとき、お客様に「お石は天然のものなのでそれぞれ表情が違います。」とご説明します。自分だけのオンリーワンの(ただ一つで他にない)お石として、大げさかもしれませんが運命の繋がりを感じていただけたら良いなと思います。