・埼玉県久喜市の長福寺さまにて永代供養墓・樹木葬墓地の工事がはじまりました。秋彼岸完成予定です。

2017年7月21日 金曜日

こんにちは。首都圏にて霊園と墓地をご紹介・ご案内し、墓石の製造加工と墓所への据付施工工事という「お墓作りのお手伝い」をしております石材店の株式会社大塚のブログ「霊園とお墓のはなし」です。

今日の記事は本社営業のFHさんからの文章になります。以下本文↓

 

久喜市菖蒲町の長福寺様

弊社がお世話になっております、久喜市菖蒲町の長福寺様で

今秋彼岸に完成予定の「永代供養墓・樹木葬墓地」の基礎

工事が始まりました。

特徴としまして、お客様のご要望により多くの墓所タイプ

からお選び出来るのが特徴です。

個人墓、夫婦墓、家族墓、樹木葬墓地、舎利塔墓地なども

すべて安心の永代供養付となります。

工事が進みましたら又ご報告させていただきます。

 

 

※ご覧いただきました墓地情報は2017年7月現在の情報です。完売などの際はご容赦ください。

お墓、墓石については、下記問い合わせまでお気軽にご相談・ご質問ください。お墓ディレクター有資格者(石産協)やお墓相談員(全優石)など専門の知識のある者が石匠位認定店(全石協)として丁寧にご対応させていただきます。

お問い合わせ、ご来店の際はこちら → お墓無料相談窓口

お問い合わせ番号 0120-36-1217(代表)

 

※埼玉県の寺院墓地一覧ページはこちら

※埼玉県の霊園一覧ページはこちらをご覧ください。

・横浜 馬車道界隈を散策してみました

2017年7月13日 木曜日

こんにちは。首都圏にて霊園と墓地をご紹介・ご案内し、墓石の製造加工と墓所への据付施工工事という「お墓作りのお手伝い」をしております石材店の株式会社大塚のブログ「霊園とお墓のはなし」です。

今日の記事は横浜支店のATさんからです。以下本文↓

 

JR関内駅構内で「馬車道はじめて物語」という看板を見つけ
興味がわいたので馬車道界隈を散策してみました。

まずは馬車道と伊勢佐木町をつなぐ、現在はJR関内駅北口そばのガード下に
鉄製の橋のはじまりとして「吉田橋」

馬車道自身近代街路樹の発祥なのですね!

なぜかアイスクリーム発祥記念として
「太陽の母子像」

ガス灯恰好良い

上部は写真機
日本写真の開祖 下岡蓮杖顕彰碑

歩道からは気付きにくいのですが車道からの写真
右側からの読みでしょうか馬車が往来していた当時が偲ばれます。

※神奈川県内の霊園墓地一覧ページはこちら

 

・ニュージーランドのお墓のご紹介

2017年7月10日 月曜日

こんにちは。埼玉県上尾市に本社を置き、首都圏にて墓石の製造加工と墓所への据付施工工事という「お墓作りのお手伝い」をしております石材店の株式会社大塚のブログ「霊園とお墓のはなし」です。

本日は、大塚本社のWKさんの記事になります。以下本文↓

 

ニュージーランドのお墓
ニュージーランドは、イギリスの元植民地の関係上キリスト教が主な宗教ですが、個人の宗教観は世俗的で自由です。

NZ統計局「2013年国勢調査」によると、キリスト教が約47%(内、カトリック教会 12.6%、聖公会 11.8%、長老派教会 8.5%、その他15.1%)、その他の宗教が6.0%、無宗教 が41.9%、無回答が4.4%という。(wikipedia:参考)


火葬も土葬もありますが、エリアによって分かれております。


いろいろな宗教のお墓がありました。

先住民族マオリの霊魂観には、日本同様すべての物に霊が宿る考え方があります。
自然や動物に敬意を払う文化のニュージーランドは、無宗教が増えていますが、いろいろな宗教を受け入れる寛容さが感じられます。


日本で人気の「樹木葬」タイプに似た墓地もたくさんあります。


古い大きなお墓の脇に、「樹木葬」タイプのプレート墓地が造られております。
道路や通路脇の空きスペースにも新しくプレート墓地が造られております。
ニュージーランドと同じように日本も、残念ではありますが
プレート型のお墓が主流になる時代がくるかもしれません。


この霊園では、新しい墓所はすべて「樹木葬」タイプの小さなお墓でした。
葬儀では、死者の霊を供養し哀悼の意を表す形として「ハカ」(本来はマオリ族の戦士が相手を威嚇する舞踊ですが、現在では相手に対し敬意や感謝の意を表する舞踊)を舞うこともあるそうです。

関連記事 ・フィリピンの霊園のご紹介

 

・桶川祇園祭と、桶川霊園の夏の花

2017年7月7日 金曜日

こんにちは。埼玉県上尾市に本社を置き、埼玉県だけでなく首都圏にて霊園と墓地をご紹介・ご案内し、墓石の製造加工と墓所への据付施工工事をしております石材店の株式会社大塚のブログ「霊園とお墓のはなし」です。

今日の記事は桶川霊園管理事務所からになります。以下本文↓

 

こんにちは、桶川霊園です。

今年も桶川祇園祭

~ 神輿の渡御と山車の巡行 ~

が7月15日(土)・16日(日)行われます。


※画像は広報おけがわ2017年7月号の表紙よりお借りしました。

「子供達にお祭りの楽しさを体験してもらい、次世代に継承していければ」とのことで市内全7小学校の子供達による神輿渡御が中山道を巡行します。

近隣の市からも多くの見物客が来てたくさんの屋台が立ち並び、大賑わいになります。

是非、行ってみてはいかがでしょうか!

※中山道の一部が通行止めになります。
交通規制 15:00~22:00
当日は市内巡回バス、朝日バスなど
朝から発着場所が東口から西口へと移動になります。
ご利用の際はご注意下さい。

7月に入り梅雨明けはまだですが、桶川霊園の花々は一足先に夏色になりました!

ピンクやオレンジのハイビスカスと日々草。管理事務所入り口に咲くアガパンサスはここ10年で一番大きく咲いています。

お盆までもまだ1ヶ月ほどありますが、お参りの際に色とりどりの花を楽しんでください。

※桶川霊園の墓地情報のページはこちら
※桶川霊園の永代供養プラン付き 有期限墓 エテルナの詳細ページはこちら

※永代供養墓特集(永代供養墓・樹木葬)のページを見る

※埼玉県の霊園一覧ページを見る

 

・樹木葬墓地の花の植替え(埼玉県川越市の観音寺)

2016年8月18日 木曜日 雨

こんにちは。埼玉県上尾市に本社を置き、埼玉県だけでなく首都圏にて霊園と墓地をご紹介・ご案内し、墓石の製造加工と墓所への据付施工工事をしております石材店の株式会社大塚のブログ「霊園とお墓のはなし」です。

今日の記事は本社営業のFHさんからの文章になります。以下本文↓

 

樹木葬墓地の花の植替え

先日、川越市・菓子屋横丁そばにございます観音寺墓苑の「樹木葬墓地」

ならびに「花壇墓地」のお花の植替え作業をしました。

前回の植替えから約7ヶ月、季節に合った花々へと専任の造園屋さんに作業をお願いしました。

これから梅雨、そして猛暑が続く夏と、花にとっても厳しい状況ですが無事に乗り切ってもらいたいです。

 

観音寺墓苑では「永代供養墓」「樹木葬墓地」「花壇墓地」とお客様の好みと状況によってお選びできます。

 

又、ご夫婦用の「夫婦墓」もご用意しています。(残り3区画のみとなりました)

お申込みをいただいております皆様、7割は生前申込みの方々です。

ご興味がございましたらお気軽に資料をご請求くださいませ。

 

※ご覧いただきました墓地情報は2017年7月現在の情報です。完売などの際はご容赦ください。

※大塚サイト内での、観音寺さま墓所御紹介ページ

※埼玉県の寺院墓地一覧ページはこちら

お墓、墓石については、下記問い合わせまでお気軽にご相談・ご質問ください。お墓ディレクター有資格者(石産協)やお墓相談員(全優石)など専門の知識のある者が石匠位認定店(全石協)として丁寧にご対応させていただきます。

お問い合わせ、ご来店の際はこちら → お墓無料相談窓口

お問い合わせ番号 0120-36-1217(代表)

※埼玉県の霊園一覧ページはこちらをご覧ください。

 

・ノウゼンカズラ(凌霄花・陵苕)の季節になりました。埼玉県久喜市の霊園「久喜清久霊園」きれいなノウゼンカズラ

2017年6月28日 水曜日

こんにちは。埼玉県上尾市に本社を置き、埼玉県だけでなく首都圏にて霊園と墓地をご紹介・ご案内し、墓石の製造加工と墓所への据付施工工事をしております石材店の株式会社大塚のブログ「霊園とお墓のはなし」です。

埼玉県の久喜市にあります「久喜清久霊園」に行きましたところ、オレンジ色のノウゼンカズラの花ががとても綺麗に咲いていました。

園内の壁際にかわいらしく咲いていて、墓域に明るい雰囲気を演出してくれています。

ノウゼンカズラは、古くは「のうせう(陵苕)」や「のせう」と呼ばれていたそうですが、なまって「のうぜん」となったようです。また、同じく古くは「まかやき(陵苕)」とも言われていたようです。そして、蔓をのばして他の木をよじのぼるため「かずら」と名前についたとか。

漢名の「凌霄花」は高い場所を目指すことから「霄(そら)を凌ぐ花」という意味があります。そして漢詩の世界では、この他のモノに絡みつくさまから愛の象徴として扱われることもあるようです。

とても素敵な花ですね!

ちなみに英語では花がトランペットに似ているので、トランペットフラワーやトランペットヴァインなどの呼び名を持っているそうです。

たしかにトランペットのような花ですね。

このノウゼンカズラをはじめ、四季折々のさまざまなお花を楽しむことができる久喜清久霊園。

お墓参りの度にお花を観賞できるとてもおすすめできる人気の明るい霊園です。是非一度ご見学されてみてはいかがでしょうか?

 

墓地についてご興味ありましたらこちらも是非ご覧ください→ ※久喜清久霊園の墓地情報のページを見る 久喜清久霊園の樹木葬型永代供養墓の情報ページを見る

ご連絡いただければ、より詳しくご案内いたします!

 

弊社へは、下記問い合わせまでお気軽にご相談・ご質問ください。お墓ディレクター有資格者(石産協)やお墓相談員(全優石)など専門の知識のある者が丁寧にご対応させていただきます。

お問い合わせ、お越しの際はこちら → お墓無料相談窓口

お問い合わせ番号 0120-36-1217(代表)

※埼玉県の霊園一覧ページはこちらをごらんください。

 

・カシワバアジサイがとても綺麗です! 埼玉県北本市の霊園「北本霊園」

2017年6月23日 金曜日

こんにちは。埼玉県上尾市に本社を置き、埼玉県だけでなく首都圏にて霊園と墓地をご紹介・ご案内し、墓石の製造加工と墓所への据付施工工事をしております石材店の株式会社大塚のブログ「霊園とお墓のはなし」です。

先日、埼玉県北本市にあります「北本霊園」に行ってきました。カシワバアジサイがとても綺麗でした!

 

柏の葉のようなカタチなのでカシワバアジサイと名付けられているそうで、まだまだ咲きはじめにも関わらずとても存在感のあるお花です。

花びらのカタチが細長くとがっていて、独特のかわいらしさがあります。

さてこのカシワバアジサイ

このように北本霊園のお墓を見守ってくれています。

はたまた、お墓に眠っている方やお墓参りの方に笑顔を向けてくれているのかもしれません。

別の場所では、セイヨウアジサイもありました。

 

淡いピンク色のあじさいもあってとても賑やかです。

こんな感じで咲いていました↓

↓こちらはペット供養墓です。綺麗なお花の近くでペットたちも安らかに眠っていることでしょう。

~ ~ ~ ~ ~

過去の北本霊園の記事

・埼玉県の霊園 北本霊園の撫子(なでしこ)が綺麗でした

・埼玉県北本市の霊園 北本霊園の梅が綺麗です!

・お墓(墓石)の建墓、据え付け工事の様子

・埼玉県北本市 北本霊園のハイビスカスが綺麗でした

・埼玉県北本市の北本霊園のバラが見ごろです

~ ~ ~ ~ ~

北本霊園の場所はこちらになります


大きな地図で見る

ご興味ありましたら是非一度ご見学はいかがでしょうか。

墓地についてご興味ありましたらこちらも是非ご覧ください→ 北本霊園の墓地紹介ページ

より詳しくは、下記問い合わせまでお気軽にご相談・ご質問ください。お墓ディレクター有資格者(石産協)やお墓相談員(全優石)など専門の知識のある者が丁寧にご対応させていただきます。

お問い合わせ、お越しの際はこちら → お墓無料相談窓口

お問い合わせ番号 0120-36-1217(代表)

※埼玉県の霊園一覧ページはこちらをごらんください。

 

・埼玉県上尾市の霊園 上尾霊園に行ってきました

2017年6月21日 水曜日

こんにちは。埼玉県上尾市に本社を置き、埼玉県だけでなく首都圏にて霊園と墓地をご紹介・ご案内し、墓石の製造加工と墓所への据付施工工事をしております石材店の株式会社大塚のブログ「霊園とお墓のはなし」です。

先日、埼玉県上尾市にあります「上尾霊園」に行ってきました。

初夏の良い天気の中、美しい緑に囲まれた墓域はとても明るい雰囲気です。

レンガと芝生と植栽がとても素敵な洋風の雰囲気の区画です。

JR高崎線「北上尾駅」の西口、および「桶川駅」西口よりそれぞれ約5分という好立地にあります。国道17号上尾道路からもすぐです(川田谷(狐塚)交差点)。

場所はこちら

アクセスの良いとても雰囲気のよい霊園です。とても人気の霊園ですのでお近くにお越しの際は是非ご見学されてみてはいかがでしょうか?とても環境の良い霊園ですよ!

春には桜が咲き誇る霊園です。

 

※上尾霊園の墓地情報のページはこちら

※埼玉県の霊園一覧ページはこちら

 

・埼玉県さいたま市見沼区の霊園「メモリアルパーク緑の丘」に行ってきました

2017年6月16日 土曜日

こんにちは。埼玉県上尾市に本社を置き、埼玉県だけでなく首都圏にて霊園と墓地をご紹介・ご案内し、墓石の製造加工と墓所への据付施工工事をしております石材店の株式会社大塚のブログ「霊園とお墓のはなし」です。

先日、埼玉県さいたま市の見沼区にあります「メモリアルパーク緑の丘」に行ってきました。

場所はこちらです。

さぎ山記念公園や、見沼自然公園、慶應義塾大学浦和共立キャンパスのすぐ近くにあり、そして、さいたま市営の「思い出の里 市営霊園」からもほど近い場所にあります。

なだらかな丘の上にあるため眺望もよく、陽当たりと風とおし抜群の好環境の霊園です。

広い墓域には、タマリュウを配した緑豊かな区画や隣との間にゆとりのスペースを設けた区画など様々な区画があります。

↓こちらは管理棟の中の休憩所。安心してお墓参りができますね!

全区画平坦地ですが、車いすもご用意していますのでますます安心です。

陽の光のとてもうつくしい緑の丘です。区画は数に限りがありますのでご見学の際はお早めにお越しください。

※本情報は2016年6月16日現在の情報です。区画売り切れの際はご了承ください。

 

※メモリアルパーク緑の丘のより詳しい墓域情報のページはこちら。

※埼玉県の霊園一覧ページを見る。

・新国立美術館へ「ミュシャ展」を見に行ってきました

2017年6月15日 木曜日 曇り

こんにちは。埼玉県上尾市に本社を置き、埼玉県だけでなく首都圏にて霊園と墓地をご紹介・ご案内し、墓石の製造加工と墓所への据付施工工事をしております石材店の株式会社大塚のブログ「霊園とお墓のはなし」です。

今日の記事は、大塚本社のSHさんの記事です。以下本文↓

 

先日、新国立美術館へ「ミュシャ展」を見に行ってきました。

平日でしたが、草間彌生さんの展覧会も開催していた事もあってとても混雑しておりましたが、じっくりと2時間ほど鑑賞してまいりました。

一部では撮影可能なエリアもあり、撮影する人も沢山おりましたが、皆さん人が写らないように作品だけを撮影するのに苦戦されてました。

今回は「スラヴ叙事詩」という20点の巨大な壁画サイズの絵画展示がメインでした。

この「スラヴ叙事詩」という絵画は、民族の神話・伝承・歴史を描いた壁画サイズの作品でチェコ国外で公開するのは世界初となる非常に貴重な絵画でして、画家として晩年を捧げた大作です。

ミュシャが一部の裕福な人の為に絵を描いていた頃に、故郷の人はドブの水で喉の渇きを癒していることを知り、”私は貴重な時間をこんな事に費やしていたのだ” と気づき、残りの人生を我が民族の為に使おうと決意したそうです。

一つ一つの作品からメッセージが伝わります。

「スラヴ叙事詩」には、作品の一部にこちら側を見つめているカメラ目線的な部分や思想などを表現した部分などが多数あり、鑑賞していると不思議な感覚を覚え、見入ってしまいます。

ミュシャは、肺炎を患い78歳で亡くなります。

その頃、チェコスロヴァキア共和国はナチスドイスに占領されてしまいます。

ミュシャは、愛国心が強いという事で逮捕され、ナチスドイツのゲシュタポに厳しく尋問されます。

尋問は厳しいものであり、高齢のミュシャは耐えられず肺炎を患って数ヶ月後に亡くなりました。

その後、ミュシャの作品は、家族によって隠され守られてきたそうです。

最後は悲しい亡くなり方でしたが、作品からはミュシャの熱い想いが伝わってきました。

展覧会は、6月5日で終了してますが、もしも再度、開催される事があれば是非鑑賞して頂きたい作品だと思います。

※首都圏の霊園一覧ページはこちら
※東京都内の霊園一覧ページはこちら