・お墓に刻む文字② 五輪塔

お墓に刻む文字②

■お墓に刻む文字 「五輪塔」

五輪塔は仏塔の元祖で、供養塔とも言われ、お塔婆(卒塔婆)は五輪塔を表しています。五輪塔はどの宗派のお墓でも建てられており、基本は下方より方形・球形・三角形・半球形・団形の五つの石を積み上げ、それぞれがこの世の五大元素である「地・水・火・風・空」五大を表すとされています。

平家塚(栃木県日光市湯西川)

平家塚(栃木県日光市湯西川)

畠山重忠公の墓(埼玉県深谷市畠山)

畠山重忠公の墓(埼玉県深谷市畠山)

塔身部分に梵字を彫る際は、宗派によって違いがあります。空風火水地-キャカラバア

このうち代表梵字、あるいは、四面梵字を彫るものが多く見られます。石塔の梵字

※梵字を石塔竿石正面に彫る、或いは経文を刻むときはお寺様に相談いたしましょう。

大塚ホームページ内の「お墓の知識 お墓に刻む文字」もあわせてご覧ください。

 

 

より詳しくは、下記問い合わせまでお気軽にご相談ください。お墓ディレクター有資格者(石産協)やお墓相談員(全優石)など専門の知識のある者が丁寧にご対応させていただきます。

お問い合わせ、お越しの際はこちら → お墓無料相談窓口

お問い合わせ番号 0120-36-1217(代表)