・弔問・会葬の作法 その1

弔問・会葬の作法 その1

 

【通夜の服装】

とり急ぎ通夜の弔問にかけつける時は、平服のままでかまいません。

礼装で訪れたのでは不幸を予期していたようで、かえって失礼にです。

とはいえ、なるべく地味な服装が望ましく、男性の場合はネクタイと靴下を黒に変えても良いでしょう。

 

【葬儀・告別式の服装】

葬儀・告別式に参列の時の、一般の会葬者の服装は通常礼服です。

特に親しい間柄でない場合、男性はダークスーツ・黒のネクタイ・黒の靴。

女性は黒もしくは地味な色のスーツもしくはワンピース・黒の靴が望ましいでしょう。

男女、和洋装を問わず、黒であっても光沢のあるものは避けましょう。

 

その2 、その3につづきます)

(鎌倉新書 2分でわかる仏事の知識 より抜粋)

 

より詳しくは、下記問い合わせまでお気軽にご相談・ご質問ください。お墓ディレクター有資格者(石産協)やお墓相談員(全優石)など専門の知識のある者が丁寧にご対応させていただきます。

お問い合わせ、お越しの際はこちら → お墓無料相談窓口

お問い合わせ番号 0120-36-1217(代表)