・埼玉県白岡市上野田にある寺院 大徳寺

2015年9月19日 土曜日 晴れ

こんにちは。埼玉県上尾市に本社を置き、墓石の製造加工と墓所への据付施工工事という「お墓づくりのお手伝い」をしております石材店の株式会社大塚のブログ「霊園とお墓のはなし」です。

先日、埼玉県白岡市の上野田にあります大徳寺さまに行ってきました。

場所はこちら。

白岡市の菁莪小や菁莪中からすぐの場所にあります。

2015年 埼玉県白岡市 大徳寺DSC_3200

↑こちらは墓域の一番奥から見られる風景なのですが、隼人堀川が近くを流れており環境もとてもよい立地です。

2015年 埼玉県白岡市 大徳寺DSC_3161 2015年 埼玉県白岡市 大徳寺DSC_3167

金界山と山号の額の掲げられた山門です。写真ではわかりにくいですが、山門の長押の上に虚空蔵菩薩さまと四天王がいらっしゃいます。

2015年 埼玉県白岡市 大徳寺DSC_3153

緑豊かな境内と本堂が迎えてくれます。

左右には、地蔵尊の祀られたお堂と、鐘楼があります。

2015年 埼玉県白岡市 大徳寺DSC_3154 2015年 埼玉県白岡市 大徳寺DSC_3156

本堂に向かって左手奥に進むと、赤い白山堂と、大きな石造りの徳見観音、

2015年 埼玉県白岡市 大徳寺DSC_3171 2015年 埼玉県白岡市 大徳寺DSC_3182

そして、大日堂。この大日堂は、縄文時代の先住民族の住居跡を慕って建立されており、埼玉県内最大を誇る丈六の大日様の座像(白岡市指定文化財)が祀られています。しかも両腕の結び方が左利きで有名です。

2015年 埼玉県白岡市 大徳寺DSC_3178

ここ大徳寺は、鎌倉時代末期に、鎌倉に攻め込む新田義貞が戦勝を祈願した場所でもあり、また新田義貞の弟の脇屋義助も茨城県の小手指原での戦の後に休憩に訪れたのですが、義助が発った後に幕府方の残党に火をつけられてしまい、壮大な伽藍が全焼してしまいました。しかしその際に村人によって大日如来の御頭と御手だけは沼に隠され(大徳寺南西に面した大日沼・のち湿地に)難を逃れたとか。

なお、近隣の菁莪中の体育館の近く(大徳寺本堂のすぐ北側)からは13世紀頃の遺構が多数出土しており、また東側の街道は鎌倉街道と伝えられているなど、鎌倉時代の交通の要衝だったことがうかがえます。

そんな歴史と自然につつまれた大徳寺さま。現在墓地ご案内中ですので、ご質問などありましたらお気軽に弊社までお問い合わせください。

2015年 埼玉県白岡市 大徳寺DSC_3201

※大徳寺の墓地情報のページを見る。

※埼玉県の寺院墓地一覧のページここちらをごらんください。

※埼玉県の霊園一覧ページはこちらをごらんください。