・お墓の点検 墓石の目地(めじ)

2016年2月20日 土曜日 雨

こんにちは。首都圏にて霊園と墓地をご紹介・ご案内し、墓石の製造加工と墓所への据付施工工事という「お墓作りのお手伝い」をしております石材店の株式会社大塚のブログ「霊園とお墓のはなし」です。

・お墓の点検 花立て」、「・お墓の点検 香炉」、「・お墓の点検 外柵」、「・お墓の点検 文字のペンキ」に続き、今日は「お墓の目地(めじ)」の点検について。

昨日のペンキ同様に、石材ではない部材は雨風や気温の上下、経年劣化によってメンテナンスが必要になります。

埼玉県上尾市の石材店 株式会社大塚 お墓の点検DSC_4914- 埼玉県上尾市の石材店 株式会社大塚 お墓の点検DSC_4933-

ほんの10~20年くらい前までは目地にモルタルが多用されていました。

こちらは墓誌の目地です。

埼玉県上尾市の石材店 株式会社大塚 お墓の点検 墓誌の目地DSC_4942-

目地が劣化して写真のようになりますと、隙間から雨水や砂・ホコリ、はたまた植物や昆虫が入ったりしてしまい、石材本体にもいい影響は与えません。石材本体だけでなく本来雨水が入ってほしくない場所にも雨水が入っていくこともありますので、お墓のなかのご先祖様にも影響が出るという可能性もあります。その影響はほかにも墓地区画の基礎などにも雨水は影響しかねません。

現在は専用の接着材料にてコーキング仕上げがなされます。モルタルと違い、ぼろぼろと崩れてなくなってしまうことはありません。当然コーキング材も石材ではありませんので数百年と耐久性があるというわけではありませんが、モルタルのような劣化(ぼろぼろと)にはなりません。(当然コーキングも劣化したらメンテナンスが必要となります)

墓石の目地(メジ) コーキングDSC_0061 墓石の目地(メジ) コーキングDSC_0084 墓石の目地(メジ) コーキングDSC_0082 墓石の目地(メジ) コーキングDSC_0057

お墓間売りの際などに気になるようでしたら、お気軽に弊社までご連絡くださいませ。

 

あわせてこちらの記事もご覧ください。

・お墓参りで気が付くこと 冠水の痕跡
・お墓に雑草は生えていませんか?防草シートと、新しい玉砂利で気持ち良いお墓参りを
・墓石の香炉 劣化していませんか?新しい香炉で気持ち良いお墓参りと御供養を
・墓石の花立て 劣化していませんか?新しい花立に交換を!
・墓石の目地(メジ)、劣化していませんか?
・墓石の文字に入れた色、落ちていませんか? 墓石文字の色入れリフォーム
・お墓の掃除とリフォームその1
・お墓の掃除とリフォームその2
・お墓の掃除とリフォームその3

お墓のことで疑問やご質問、お困りのことなどありましたら、全優石加盟の弊社大塚にお気軽にご相談ください。お墓相談員(全優石)やお墓ディレクター有資格者(石産協)など専門の知識のある者が丁寧にご対応させていただきます。